医療関係者の方へ

委員会紹介

看護サービス委員会

看護サービス委員会は、接遇・環境保全・業務改善に努め、患者サービスの向上を図ることを目的として活動しています。
看護職員の接遇や倫理教育の他、看護の見える化活動として「みてみて看護」を発刊し院内に掲示しています。また、入院患者さんへ不満足度調査を実施し、できるだけ早く対応・改善できるよう努めています。

看護サービス委員会
看護サービス委員会

安全対策委員会

患者さんに安全で快適な療養生活を提供するために医療事故防止対策を推進したり、看護職員の事故防止・安全管理に対する意識を高めることを目的として活動しています。主な活動は、医療事故の発生を未然に防ぐため、ヒヤリ・ハット事例の要因分析し再発防止策の検討と周知を行っています。また、新人看護師や全職員を対象に安全研修を行っています。

新人研修風景
新人研修風景

記録委員会

看護記録は、看護実践を示すものであり、同時に質を評価するものでもあります。
委員会では記録の質的・形式監査の実施、画一した看護やケアを実施するための手順や基準・標準看護計画の作成、クルニカルパスの整備等を行っています。

また、誰が見てもわかるシンプルな記載や、データベース記載の事例研修会を行いアセスメント力を高めることで、より良い看護ケアの提供につながるような記録の充実に向けて活動しています。

データベース記載の事例研修会
データベース記載の事例研修会の様子1
データベース記載の事例研修会
データベース記載の事例研修会の様子2

研究委員会

研究委員会では、院内での研究発表会はもちろんですが、長崎県南ブロック、長崎県学会をはじめ全国学会など様々なところで発表できるよう、研究をされている方の応援をさせてもらっています。

まとまった抄録を、研究者と研究委員とが一緒に見直す査読を行っています。
そのためには委員個人の研究に対する知識も必要になるため、各人自己研鑽しています。
また、より良い研究ができるよう年間を通して、統計やパワーポイントなどの研修も行っています。

研究委員会
研究発表会の様子

教育委員会

当院では、看護部の教育理念のもとクリニカルラダーを用いて看護実践能力を高め、キャリアアップにつなげられるように支援しています。

教育委員会は、新人看護師からベテラン看護師また看護助手を対象に一年間の教育計画を立て、評価しています。特に新人教育には力を入れており、看護部全体で新人をサポートできる体制つくりに努力しています。
また、クリニカルラダー1から4の研修プログラムについて検討しており、いかに個々の看護師の看護実践能力を高めることを大きな課題としています。これからも入院される患者さんに病院の理念である信頼され親しまれる病院をめざし、看護教育に取り組んで活きたいと考えています。

教育委員会
教育研修の様子1
教育委員会
教育研修の様子2

褥瘡委員会

褥瘡とは、つまり「床づれ」のことです。高齢者の増加と共に、褥瘡を有する患者さんが増加しています。
褥瘡は多面的な対応が必要なため、当院ではチーム医療のひとつとして「褥瘡対策委員会」が活動しています。

メンバーは、医師・看護師・管理栄養士・事務職員で構成されています。褥瘡を有する患者さんや、褥瘡発生のリスクが高い患者さんを対象に毎週金曜日に褥瘡パトロールを行いケアを行っています。
また、マットレスの適切な使用状況や処置など、様々な面から褥瘡予防対策に努め、スタッフへの助言なども行っています。

褥瘡委員会
褥瘡パトロールによるケア活動の様子
褥瘡委員会
委員会での打ち合わせ

ページ
TOPへ

社会医療法人 重工記念長崎病院

〒850-0063 長崎県長崎市飽の浦町1-73 TEL:095-828-4823(代表)

Copyright 2016 重工記念長崎病院