医療関係者の方へ

部署紹介

部署紹介

看護部は、看護師・看護助手合わせて160余名と病院の中で最も大きい組織です。
また、新入社員の入社や産休、退職、部署異動など人の出入りが多いのも特徴です。 このような組織をひとつにまとめていくためには、職員間のコミュニケーションと目標の共有および継続した教育システムが大切です。

スタッフ一人ひとりが部署の活動・目標管理・委員会活動などを通して、理念である「思いやりのある看護」が実践できるよう日々頑張っています。
また、育児中の人や新人を職場で支える風土があり、職員間でも「思いやり」を実践しています。
その結果、職務満足度調査では看護師間の人間関係が良いという結果が常に1位に上がってきます。

▲ 部署紹介トップへ

3階病棟

3階病棟は、整形外科・内科・眼科と平成27年4月から16床の地域包括ケア病床を開設した混合病棟です。また、救急外来が無い為、内科の時間外外来も当病棟で、対応しています。整形外科では、整形外科疾患全般の術前、術後管理、リハビリを初め、最近では、胸・腰椎の圧迫骨折患者に対する看護も行っています。内科では、一般内科と内視鏡検査を積極的に受け入れています。眼科では、白内障患者を中心に術前・術後管理をしています。私たちは、不安を抱えながら入院・検査・手術を受ける患者さんにいかに安心して治療に臨んでいただけるか日々スタッフ間で考えています。また、診療科にとらわれず、色々な情報を得ることができるという混合病棟ならではの特徴を活かし、患者さんのニーズに応え快適な入院生活を送っていただけることができるよう努めています。このように、急性期から地域包括ケア病床への受け入れを行い退院後の生活がよりよいものとなるように日々取り組んでいます。

▲ 部署紹介トップへ

4階病棟

4階病棟は、一般内科の急性期病棟で、消化器、呼吸器、内分泌などがあります。
高齢者の方が多い病棟であるため、清潔援助、環境調整、転倒転落防止など安全・安心な入院生活が送れるように努めています。
また、回復をたどる一方で終末期を迎える方に対しては、患者さん、ご家族のQOLを維持向上できるようなケアの提供を目標にスタッフ一同、日々奮闘しています。

▲ 部署紹介トップへ

5階病棟

5階病棟は、整形外科の急性期病棟です。当院の整形外科は、腰痛・膝痛などの紹介患者さんが多く、主に脊椎や膝関節の手術を行っています。最近では、圧迫骨折など骨粗鬆症の治療にも力を入れています。医師、看護師、看護助手、クラークがそれぞれの役割を果たし、患者さんが1日も早く回復されるよう努めています。
病棟の雰囲気は、明るく元気で働きやすい環境です。

▲ 部署紹介トップへ

南病棟

南病棟は、急性期を経過した患者さんを対象とした43床の地域包括ケア病棟です。
整形外科の患者さんが大半を占め、主に身体機能回復のためにリハビリテーションを行っています。
患者さんは、一般病棟から移動してくるため、不安を抱えて来られることがありますが、ゆとりのある広さの病室で静かな入院生活が送れる環境が好評です。
看護師も、患者さんとのコミュニケーションを大切にして、患者さんが抱える様々な不安や悩みに応えるよう日々努力しています。そして、受持ち看護師・医師・理学療法士・ソーシャルワーカーが連携をとり、チームで退院支援を行うことで、患者さんが笑顔で満足して退院できる病棟を目指しています。
また、看護師スタッフ間のチームワークもよく、和気藹々としています。たとえば、クリスマスには、サンタクロースに変身して患者さんにクリスマスカードを渡したり、誕生日カードを渡すなど、患者さんとのコミュニケーションづくりを実践しています。

▲ 部署紹介トップへ

外来チーム

外来では、2007年(平成19年)10月より糖尿病指導外来を行っています。
診察の前後に、日常生活の過ごし方や体調についてお話を聞いたり、足の観察やケア・インスリン注射や血糖測定の方法など指導を行っています。

また、2010年(平成22年)8月からは外来診察の待ち時間を利用して、少しでも患者さんに「健康」について興味を持っていただけるよう「ヘルスダイアモンド教室」を始めました。 月に1回第3木曜日、30分程度で、どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

また、2010年(平成22年)8月からは外来診察の待ち時間を利用して、少しでも患者さんに「健康」について興味を持っていただけるよう「ヘルスダイアモンド教室」を始めました。 月に1回第3木曜日、30分程度で、どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

健康教室 ヘルスダイアモンド教室の様子
健康教室 ヘルスダイアモンド教室の様子

▲ 部署紹介トップへ

中央材料室チーム

中央材料室及び手術室では、看護師10名、看護助手2名で患者さんに安心・安全な手術を受けてもらうために、より質の高い看護が提供できるよう日々頑張っています。手術件数は、年間約800件で主に整形外科・外科・眼科の手術が行われています。手術前日には、患者さんのお部屋へ術前訪問に行き、手術の説明をし、できるだけご希望に応えられるよう努めています。 また、手術中にリラックスできるように、患者さんのお好みの曲をかけています。ご希望の曲があれば、お気軽にお持ちのCDをご持参ください。

▲ 部署紹介トップへ

ページ
TOPへ

社会医療法人 重工記念長崎病院

〒850-0063 長崎県長崎市飽の浦町1-73 TEL:095-828-4823(代表)

Copyright 2016 重工記念長崎病院