外来・入院・各種検診

麻酔科

特色

術を受けることが決まった時に、手術の内容については気になるでしょうが、麻酔について気になる方はほとんどいないのではないでしょうか。手術中は「ただ寝ている」くらいの認識しかない方が多いと思います。
麻酔は飛行機の飛行に例えられることがありますが、実際には強力な鎮静薬を使い、筋弛緩薬を使い、鎮痛薬を使い、慎重に離陸して時に思わぬ乱気流などに見舞われながら飛行し、また着陸させるようなイメージでとても神経を使う管理を行っています。このような管理を行うため、手術の前にはそれぞれの患者さんの全身状態を細かく確認させていただきます。全ての人に同じ麻酔を行うと、安全な飛行が行えない場合が出てくるためです。患者さんにとってのゴールは術後の日常生活ですから、「術後にトラブルが起きないように」という視点でも、術前の全身状態を安定させておくことは重要です。
これまでの内容を読んで「麻酔が怖い」と感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、私たち麻酔科医の仕事は手術後患者さんに「麻酔はただ寝ていただけだった」と言ってもらうことだと考えております。過度な心配はせず、術前にお会いする際、麻酔について質問などありましたら遠慮なくお尋ねください。

スタッフ紹介

荒木 博子(あらき ひろこ)
荒木 博子
  • 麻酔科部長
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会専門医

ページ
TOPへ

社会医療法人 重工記念長崎病院

〒852-8004 長崎市丸尾町6番17号 TEL:095-801-5800(代表)

Copyright 2016 重工記念長崎病院