close

医療関係者の方へ

看護師の負担軽減及び処遇改善の取組

1.看護職員と多職種との業務分担

(1)薬剤師

  • ・病棟への患者単位での薬剤(点滴、注射、内服薬など)の払い出しを行う
  • ・院外処方体制を維持し、病棟での服薬指導を行う
  • ・持参薬管理、病棟常備薬管理、劇薬・向精神薬・救急トレイの薬剤管理を行う
  • ・高カロリー輸液のミキシングを行う
  • ・外来及び病棟で使用する抗癌剤の調剤を行う

(2)臨床検査技師

  • ・平日時間内に病棟での採決業務と心電図検査を行う

(3)理学・作業療法士

  • ・リハビリ職員によるリハビリ室への患者送迎を行う

(4)事務職

  • ・入退院支援センターにて入院生活など入院前に可能な説明を行い、不安を取り除き、入院から退院までをスムーズに行えるよう支援する

2.看護補助者の配置

看護補助者を適正に配置、活用し、看護職員の業務負担の軽減を図る。看護師の指示のもとに療養生活上の世話、環境整備、看護用品及び消耗品の整理整頓、看護職員が行う書類の整理及び作成の代行の準備等の業務分担を推進する

3.妊娠・子育て中の看護職員に対する配慮

(1)院内保育所の完備と充実

  • ・19時以降に保育園を利用する親御様に対して夕食とお風呂のサービスを行うことで子育ての支援をする

(2)職員就業規則に基づき、育児休業制度の充実

(3)職員就業規則に基づき、中学入学までの育児勤務の充実

(4)子育て中の職員は、夜勤回数の考慮を行う

その他

(1)看護職員数を適正に管理し、年休や特殊休暇が取得しやすい体制を整備する

(2)夜勤・交代勤務ガイドラインに沿った勤務形態にするための環境を整備する

(3)認定看護師資格取得のための長期研修を出張扱いとすることで、専門分野の知識、技術等の習得を支援する

(4)職員就業規則に基づき、療養休暇の充実及び長期療養後のリハビリ出勤による職場復帰支援の充実を行う

重工記念長崎病院

ページ
TOPへ

社会医療法人 重工記念長崎病院

〒852-8004 長崎市丸尾町6番17号 TEL:095-801-5800(代表)

Copyright 2016 重工記念長崎病院