病院概要

沿革

1897年10月(明治30年) 三菱長崎造船所従業員の健康増進施設として、ベッド数50床の洋風2階建ての工場附属病院として誕生する。
1918年10月(大正7年) 赤レンガ造り3階建、エレベーター・レントゲン室・ラジュウム浴室を備えた、ベッド数100床の西日本随一の最新式病院となる。
1945年8月(昭和20年) 原子爆弾により長崎市内は全滅したが、幸いにも当院は被害が少なく多くの被災者の治療に当たる。
1958年4月(昭和33年) 総合病院として認可を受ける。
1959年3月(昭和34年) 結核病棟86床が完成する。
1964年6月(昭和39年) 三菱重工業株式会社長崎造船所病院と改称、ベッド数240床(一般124床結核86床)の病院となる。
1975年12月(昭和50年) 鉄筋コンクリート5階建・162床の新館が落成、一般病床223床となる。
1977年4月(昭和52年) 一般保険医療機関としての認可を受ける。
1998年4月(平成10年) 療養病棟を設置し220床となる。
2002年12月(平成14年) 日本医療機能評価機構の認定を受ける。一般病院種別B
2004年10月(平成16年) ベッド数を減床し、199床の病院となる。
2007年12月(平成19年) 日本医療機能評価機構の認定更新を受ける。審査体制区分2(Ver.5.0)
2008年6月(平成20年) 療養病棟を廃止し、南病棟は一般病棟(亜急性期病床43床)となる。
2012年7月(平成24年) 敷地内禁煙化
2012年12月(平成24年) 日本医療機能評価機構の認定更新を受ける。審査体制区分2(Ver.6.0)
2014年7月(平成26年) ベッド数を減床し、184床の病院となる。
2016年4月(平成28年) 医療法人 重工記念長崎病院として三菱重工(株)より独立する。

ページ
TOPへ

社会医療法人 重工記念長崎病院

〒850-0063 長崎県長崎市飽の浦町1-73 TEL:095-828-4823(代表)

Copyright 2016 重工記念長崎病院